【勉強グッズ・文房具・日用品】浪人時代に本当に使って良かったおすすめグッズ7選を紹介!

みなさんは、浪人生活で道具にこだわっていますか?

僕は、結構こだわっていました。

文房具はもちろん、勉強に役立つグッズなどたくさん、物にはこだわっていましたね。

今回は、いつもとテイストは違いますが、今回は軽い気持ちで読んでもらえればと思います。

この記事では、道具を紹介するだけでなく、その有効活用法も紹介します。

気になったものがあればぜひ試してください。

勉強お役立ちグッズ

1.タイマー

このタイマーは浪人生になって、友達が使っているのをみて買いました。

本当に買って良かったですね。

何が良かったかっていうと、2つメリットがあります。

  1. 自分が集中した時間を把握できるから勉強の質が上がる
  2. どの教科を何時間勉強したのかわかるから科目間のバランスが取れる

1つ目に関しては、タイマーを使うことで、集中力が高まります。

自分が勉強するときにタイマーのボタンを押します。それで、集中が切れて休憩に入るタイミングや科目を切り替えるタイミングで、ストップしてそれまでの時間を測ります。

そうすることで、時間意識が生まれます。

「時間を測っている以上は、ちゃんと集中しないと!」

という意識が生まれ、集中でき、勉強中ぼーっとして無駄な時間を過ごす機会が減ります。

自習室の席には座っているけど、なかなか集中していないという浪人生は結構多い印象です。
しかも彼らには残念ながら自覚がありません。

ぼーっとしてしまう対策としても、おすすめの勉強グッズです。

また、好きな科目の勉強ばかりやってしまう人にもおすすめです。このタイマーと合格手帳を組み合わせることで、科目間の勉強時間の偏りを予防できます。

2.合格手帳

これは、浪人生活1番お世話になったと言っても過言ではありません。

浪人生活で1番使っていましたし、肌身離さず持ち歩いていました

この合格手帳を使って何ができるかというと、2つあります。

  1. 勉強計画・勉強管理ができる
  2. 過去の勉強時間を記録することでモチベーションが上がる

僕は、毎週決まった使い方をして有効活用していました。

具体的には、これを繰り返していました。

  • 毎週日曜日に翌週1週間の勉強計画(科目・時間)を立てる
  • 毎日夜にチェックしてペースが守れているか確認をする
  • ペースが乱れていたら調整する

僕が圧倒的長時間勉強し続けられたのは、この合格手帳に時間・科目を管理してモチベーションを上げられたからだと思っています。

あと、試験本番の目標点数だったり、模試の結果を書くところもあるので、浪人生のあらゆるデータを管理できる最強の味方になってくれます。使ってて本当に良かったので、これもマジでおすすめです。

3.合格体験記

こちらの記事でも紹介しましたが、浪人生が合格するためには「情報」を集めることが大事です。その中で、最も価値がある情報が、自分の志望校に合格した人の合格体験記です。

詳しい説明に関しては、こちらの記事で解説しているので省略しますが、何度も何度も読み返し、合格した人の思考を完全再現しましょう。

また、合格した時の気持ちや大学生活についても書いていることが多いので、モチベも上げられます。ネットでも集められるのでおすすめです。

文房具

4.いいシャーペン

これに関しては、僕がシャーペンオタクである、ということもあります。

でも、やっぱりまともな浪人生であれば、1日中、1年中触るものなので、おすすめです。

僕は、自分のお小遣いから、ここに関しても惜しまず投資しました。

めっちゃシャーペンを買いまくった中で、1番良かったシャーペンがこれです。多分大学受験期間で20本ぐらい買いましたね笑。

いいシャーペンを使うと、腕が疲れにくくなったり、記述答案を書く人には、書いていて文字が潰れにくいなどのメリットがあります。

僕が使っていたのは、このグラフ1000シリーズです。あんまり文房具屋さんとかに売ってなかったので、Amazonとかで買っていました。

僕は0.5ではなく、0.4を使っていましたね。折れにくいし、かつ、細くて読みやすい字が書けて重宝していました。

5.いい消しゴム

いい消しゴムを使う理由も、便利だからです。

消しゴムもどうせ使うなら、圧倒的に消しやすいものを使いたい!と思っていたので、色々試した結果、この消しゴムに落ち着きました。これはマジで消しやすいです。

消しやすいというか、なんでも消えます。結構世界変わりましたね笑。

これしか使ってなかったので、10個入りの物とかを買ってましたね。

ストレスが溜まりやすい浪人生におすすめです。

6.単語カード

あわせて読みたい

僕は、英単語・日本史などの暗記で多用していました。

共通テスト直前期には、特に重宝していて、倫理政治経済や理科基礎などにも使っていましたね。

もちろん全部単語カードに転記していたわけではなく、

  • 何度やっても覚えられない単語・単語帳に載っていない
  • 問題集などに出てきて覚えるべきと判断した単語

などを限定して使っていました。

この勉強法は、なるべく穴を作りたくない浪人生には特におすすめです。

日用品

7.丈夫で大きいカバン

僕は、かなりデカ目のカバンを使っていました。

浪人生は予備校にたくさんの参考書を持っていきます。

小さいカバンを使っていると、入りきらなくて、大変です。

まとめ:物にこだわるとモチベが上がる

今回は、僕が実際に浪人生活で本当に使って良かったもの7つを紹介しました。

物にこだわることだけで、頭が良くなることはないですが、良いものを使うことで、勉強の効率を上げることもできます。

僕も、実際、モノにこだわって勉強に効果を上げていました。

色々工夫できるポイントがあるので、みなさんも色々試してみて、自分に合ったグッズを使ってみてください!

【浪人生の成功完全マニュアル】をプレゼント

【浪人生の味方】無料LINE登録で
『浪人生が第一志望校に合格するための完全攻略マニュアル』をプレゼント!

  • 予備校生向け
  • 仮面浪人生向け
  • 宅浪生向け

それぞれ3パターンあります。

このプレゼント動画を見るメリット

  • 現在の勉強法に足りていないところがわかる
  • 合格までの正しいルートを再認識できる
  • 浪人生の理想的な行動プランが全てわかる

欲しい人は、以下のURLから「浪人生の味方」公式LINEを追加してください🙌

あわせて読みたい

▼イメージ1/2

▼イメージ2/2

↑これを動画で全部解説しています

また、「浪人生の味方」公式LINEでは、
個別で相談を受け付けています。

浪人生活で悩んだことや勉強法に不安があるなら、いつでも相談どうぞ!
※全部返信します。なるべく24時間以内に対応します。

あわせて読みたい
良かったら友達に紹介しよう!

この記事を書いた人

1年間の浪人の末、京都大学の法学部に合格。
現役時代、70点差京大落ちから、1年間猛勉強した。
浪人時代には、夏の駿台京大模試で学部1位を獲得。